Chris Van Gorder

Scripps Health社長、最高経営責任者

Chris Van GorderはScripps Healthで同社が米国内有数の医療機関となるべく尽力し、2000年からは社長と最高経営責任者を兼務してきました。 Scripps Healthではサンディエゴ郡全体で従業員15,000人、提携医師2,600人の提携医師、5か所の救急病院、数十の外来センターを擁し、地域の在宅医療サービス、ホスピスケアを提供する統合医療システムの全部門を運営しています。 2006年3月には元警察官のChris Van Gorderがカリフォルニア州知事からカリフォルニア州救急医療サービス(EMSA)委員会のメンバーに任命され、2期務めました。  2007年1月にはコンドリーザ・ライス米国務長官から国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の米国委員会のメンバーに再度任命されました。 南カリフォルニア大学(USC)プライス校公共政策学科で医療実践の臨床学教授として、また評議員会委員として活躍しています。 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校で学士号、南カリフォルニア大学で行政学および保健サービス管理で修士号を取得し、ペンシルベニア大学のウォートンCEOプログラムを修了しています。