飛田 公理(医師)

日本アビオメッド株式会社  メディカルアフェアーズ シニア・メディカルディレクター

飛田公理は2019年10月日本アビオメッドに入社し、メディカルアフェアーズのシニア・メディカルディレクターに就任しました。

飛田は徳島大学医学部医学科を卒業後、千葉大学小児科、帝京大学医学部市原病院小児科、東京女子医科大学心臓血圧研究所循環器小児科で約10年にわたって日本の小児科領域の臨床現場で医師としての経験を積み、1997年に渡米し、Rochester大学医学部小児科、Kentucky州立大学医学部小児科で研究員・助教授を歴任、2002年よりPittsburgh大学医学部にて、小児科や発達生物学、工学部などで准教授に就任すると同時に、アメリカ心臓病財団、アメリカ国立衛生研究所助成研究の主任研究員を務めました。アビオメッド入社前はバイオジェン・ジャパン株式会社のメディカル本部 希少疾患・アルツハイマー病領域部長を務め、またそれ以前はサノフィ株式会社で医薬開発本部臨床試験ディレクター/メディカルアドバイザー医師として日本における新薬上市に尽力してきました。

1989年医師免許取得。小児科学会認定専門医。