Marc A. Began

バイスプレジデント、ゼネラルカウンセル

Marc A. Beganは、2018年6月にアビオメッドに入社し、バイスプレジデント、ゼネラルカウンセルとして世界各地に所在する全社の法務部門、コンプライアンス部門の統括責任を担っています。 弁護士として20年を超えるキャリアを持ち、ライフサイエンス業界で医薬品、医療機器、バイオテクノロジーなどの多岐にわたる分野をサポートしてきました。 アビオメッド入社前はBoehringer Ingelheim社で知的財産担当のバイスプレジデントとして、医療機器、医薬品、生物学の知的財産に関わる問題を担当していました。
Boehringer Ingelheim入社以前は、Novo Nordisk社で15年間にわたり、次第により重い責任を伴う職務を歴任しました。 副法務部長の立場で複雑な訴訟問題を多数、監督しました。 また戦略的な取引と事業開発をサポートしました。 副法務部長になる前には、知財課長補佐として、グローバルな特許ポートフォリオと執行戦略の管理にも携わりました。 Novo Nordiskに入社する前は、ニューヨークのSullivan & CromwellとWhite & Caseの法律事務所でアソシエイトとして訴訟、知的財産、企業取引、規制、コンプライアンスなど、幅広い法律問題を担当しました。

ユニオン大学のアルバニー法科大学院で法学博士号、レンセラー工科大学で機械工学の理学士号を取得しました。 PE(プロフェッショナルエンジニア)資格も持ち、かつてはニューヨーク州環境保全部門でエンジニアリング実務も担当しました。