Matt Plano

バイスプレジデント、オペレーション

Matt Planoは1998年にアビオメッドに入社し、現在はグローバルオペレーション担当のバイスプレジデントとして活躍しています。 アビオメッドのグローバルな製品開発、製造、サプライチェーン、品質の各部門全体にわたり戦略的義務を遂行し、効率的な運用を推進する責任を担っています。

グローバルオペレーション担当バイスプレジデントとなる前は、グローバルな製造とサプライチェーンを担当するバイスプレジデントとして、米国ダンバースとドイツ・アーヘンの両方の施設、さらにはヨーロッパと米国のサプライチェーンを監督しました。 さらに以前には、製品開発、エンジニアリング、製造、運営、財務の各部門でアビオメッドのさまざまな職務を担当しました。 AbioCor完全置換型人工心臓、AB5000体外設置式補助人工心臓ポンプからImpella® 製品ラインの全プラットフォームまで、アビオメッドが開発してきたほぼあらゆる製品の変遷を支えてきました。 アビオメッド入社前は約10年間、米国空軍のプログラムマネージャーを務め、衛星通信と空中レーダーシステムを提供していました。

バッファロー大学で航空宇宙工学の理学士号、マサチューセッツ大学で経営学修士号を取得しました。 米空軍在籍中にリーン生産システム(TPS)認定、シックスシグマのブラックベルト認定、高品質・高信頼性エンジニアリングの学位を取得しました。