Paul G. Thomas

Roka Bioscience創設者

Paul G. Thomasは、食品の安全用途に注力する分子診断企業であるRoka Bioscienceの創設者であり、2009年9月から2017年1月の引退まで同社の最高経営責任者と社長を兼務していました。 1998年から2008年にKCIによって18億ドルで買収されるまでは、上場再生医学企業のLifeCell Corporationでチェアマン、最高経営責任者兼社長として活躍しました。 それ以前はさまざまなマネジメント職を歴任しました。たとえば吸入麻酔薬と急性期治療薬の世界的リーダーであるOhmedaに15年間在籍し、その間に医薬製品部門の部長を務めました。  現在はアビオメッドとRTI Surgical社の取 締役を務めています。  コロンビア大学経営大学院で経営学修士号を取得した後、ジョージア大学大学院文理学研究科で化学研究に従事しました。 化学理学士号はバーモント州のセントマイケルズ大学で取得しました。