Thorsten Siess, PhD

バイスプレジデント、最高技術責任者

Thorsten Siess博士は、1998年に共同設立したImpella Cardio Systems, AGが2005年にアビオメッドに買収されたことを機にアビオメッドに入社し、R&D部門マネージャーを経た後、最高技術責任者を務めています。 博士はImpella 2.5® ポンプカテーテルとImpella 5.0® ポンプカテーテルの開発、ならびに欧州マーケティングでの博士の業績を通じ、CEマークの承認を実現しました。 博士が全Impella製品ポートフォリオの基盤、Impella® テクノロジーを開発したのは、まだ博士がアーヘン大学在学中のことでした。 この鉛筆ほどの大きさのVADで早期介入治療を実現する製品は、現在40か国、1,100か所のセンターで提供されています。 Impella社設立前には、独アーヘン大学ヘルムホルツ生物医学研究所の生物医学技術チームで科学者として活躍していました。 博士はアーヘン大学で機械工学の修士号、博士号を取得しました。