治療について

Image of heart

アンローディング

Impella を用いた循環補助時には、全身血液循環の改善とともに、心室から直接脱血することで左心室の負荷が軽減されることが期待される。容積と圧力(左室拡張末期容積[LVEDV ]および左室拡張末期圧[ LVEDP ]として測定)の双方が減少し、最大冠血流量が増加する1

これらの変化によって、心筋の酸素需給バランスが改善される。全体として、Impella を用いることによって得られる上記の生理学的なベネフィットは、自己心機能を回復するのに最適な条件をもたらすと考えられる。 左心室の負荷を直接軽減するという Impella の作用は、機械的循環補助デバイスの中でも独特なものである 2

Human body model with circulation indication

末梢臓器灌流

末梢臓器は絶えず血液の供給を受けており、ガス交換や栄養の補給、不要物の排出などにより恒常性を維持している。そのため、末梢臓器灌流を維持することは、不可逆的な臓器障害と臓器不全の予防となる。 Impellaを用いることで、大動脈圧( AOP Aortic Pressure )、平均動脈圧 MAP Mean Arterial Pressure )、 Cardiac Power Output CPO )が上昇する。これらの変化により、末梢臓器灌流の改善が可能となる 3-4

A physitian's hand shaped in heart with blue gloves

自己心機能の回復

アビオメッドが重点を置いているのは、自己心機能の回復です。当社の製品は理論的には心筋を休ませるように機能する。自己心機能の回復は、患者さんの QOL にとって理想的な選択肢であるだけでなく、遠隔期までを含めた医療費を削減できる可能性もある 5

Image of ECG screen at the hospital

血行動態の安定

血行動態が安定していると、体内のすべての組織と器官に酸素を安定的に供給できる。患者の血行動態が安定していれば、心臓が血液を送り出す力が安定しているということである 6 。心臓や血管の血流を安定させて維持することは、心臓を含む臓器の正常な機能を支えるうえで重要である。  Impellaを用いることで、大動脈圧( AOP Aortic Pressure )、平均動脈圧 (MAP Mean Arterial Pressure) 、Cardiac Power Output (CPO)が上昇する。これらの変化により、血行動態の安定の改善が可能となる 3-4

文献

  1. Remmelink M, Sjauw KD, Henriques JP, et al. Effects of mechanical left ventricular unloading by Impella on left ventricular dynamics in high risk and primary percutaneous coronary intervention patients. Catheter Cardiovasc Interv . 2010;75(2):187 194.
  2. Seyfarth M, Sibbing D, Bauer I, et al. A randomized clinical trial to evaluate the safety and efficacy of a percutaneous left ventricular assist device versus intra aortic balloon pumping for treatment of cardiogenic shock caused by myocardial infarction. JAm Coll Cardiol . 2008;52(19):1584 1588.
  3. Møller Helgestad OK, Poulsen C, Christiansen E, et al. Support with intra aortic balloon pump vs. Impella2.5 and blood flow to the heart, brain and kidneys. Int J Cardiol . 2015;178:153 158.
  4. Casassus F, Corre J, Leroux L, et al. The use of Impella 2.5 in severe refractory cardiogenic shock complicating an acute myocardial infarction. J Interv Cardiol . 2015;28(1):41 50.
  5. Vigilance DW, Oz MC. Strategies for management of postcardiotomy cardiogenic shock following valvular heart surgery. Adv Cardiol . 2004;41:140 149.
  6. What is hemodynamics. International Hemodynamic Society (IHS) Web site. http://www.hemodynamicsociety.org/hemodyn.html. Accessed August 4, 2016

***